顔の角栓とテカリ対策〜ざらざら肌をケアする方法をご紹介〜

顔の角栓とテカリ対策〜ざらざら肌をケアする方法をご紹介〜

 

 

角栓がたまると毛穴が黒ずんでいき、いわゆるイチゴ鼻と呼ばれる状況や、

 

もっとひどいと顔全体が鼻中心に角栓で覆われてざらざらした肌になってしまったり、

 

黒ずんでしまう場合があります。

 

こういった場合には、洗顔でなんとかしようとする方も多いと思いますが、

 

その多くは間違った洗顔方法をしてしまっている場合が多いです。

 

今回はその正しい洗顔方法をご紹介します。

 

角栓除去のための正しい洗顔方法

 

私たちの感覚として頑固な角栓を取り除くために一生懸命ゴシゴシと洗顔しがちです。

 

特にピーリング石鹸やスクラブの入った洗顔料を使う場合が多いですね。

 

でもそれは間違いなのです。

 

まずゴシゴシ洗うことで肌の表面の汚れはとれますが角栓自体は絶対にとれません。

 

あれは毛穴の中に詰まっているものなので擦り洗いでは無理なのです。

 

ゴシゴシ洗うと肌にストレスを与え

 

結果的に余計に皮脂の分泌を促進させて更なる角栓が生まれてしまうのです。

 

これでは悪循環です。

 

強く洗っても逆効果なので今度からはやさしく洗うことを心がけましょう。

 

具体的な方法としては、まず毛穴を開くためにたっぷりのぬるま湯で洗顔しましょう。

 

そして洗顔ソープをたっぷりと泡立てて顔全体にのせ、

 

指で顔をこするのではなく、泡で顔を撫でていくように洗いましょう。

 

そうすると開いた毛穴から角栓が浮いてきて泡が吸着していき結果的に黒ずみが無くなっていきます。

 

もちろん1回の洗顔で角栓が全てキレイに取れるわけではありませんが、

 

根気よく毎日続けることで肌はだんだんキレイになっていくはずです。

 

ちなみに角栓を吸着しやすい洗顔料というのがあるので、

 

特にその点に気を付けて購入して使用するのが良いでしょう。

 

それとこの洗顔方法は、顔のテカリが気になる場合にも有効です。

 

次にしっかりと保湿すること

 

ここで油断はできません、大切なのは保湿です。

 

洗顔後の毛穴はパックリ開き皮膚の脂もまったくない状態です。

 

この状態のまま放置すると皮脂は過剰に分泌され、開いた毛穴は結局皮脂で埋まってしまいます。

 

それを防ぐのが保湿クリーム等の乾燥対策用品なのです。

 

洗顔後にかならず保湿をしましょう。

 

乾燥して顔がつっぱってきてからでは遅すぎます。

 

保湿をすると開いていた毛穴は閉じていき皮脂の分泌も抑えられます。

 

結果的に角栓は徐々になくなっていきあなたの肌は甦ることでしょう。

 

保湿は角栓のケアに非常に重要なポイントです。

 

洗顔後だけではなく、日々の保湿も心がけましょう。